HOME
事業内容

ラボ事業

弊社は、総合的インキュベーション活動の一環としてバイオベンチャーを中心にライフサイエンス系のベンチャーに研究施設やオフィスなどを提供しています。ライフサイエンス分野ではビジネスプランを円滑に実現するためには実験スペースを確保する必要(注)があります。これらの産業をサポートするために、ベンチャーキャピタルの本業である産業資金の供給やハンズオンによる支援に加えて、実験/研究施設を提供することが必要だと考えています。

(注)弊社のファウンダーの一人である森下竜一(大阪大学教授)は、「創業後直ぐに研究施設を確保でき、順調に研究活動を開始できたことが、アンジェスMG(現 アンジェス株式会社)が短期間で成功した理由の一つである」と述べています。

創業時には自社による施設保有を目指していましたが、平成14年度補正予算(経済産業省)で「大学の研究成果を活用した大学連携型起業家育成施設」彩都バイオインキュベータが公設民営方式(注)で整備されることとなり、事業運営者公募の結果、弊社は大阪府及び茨木市の推薦を受けて地域振興整備公団(現、独立行政法人中小企業基盤整備機構)から事業運営者として指名を受けました(2003年5月)。 彩都バイオインキュベータは2004年7月1日には開所となり、"民間ならではの創意や工夫、そしてノウハウ"を活用し順調に運営されています。
その後、2006年4月に彩都バイオヒルズセンター、2008年10月に彩都バイオイノベーションセンターの管理運営を開始しています。
また、2013年5月には沖縄県(うるま市)において沖縄ライフサイエンス研究センター、2018年4月に神奈川県川崎市(新川崎・創造のもり)にあるかわさき新産業創造センターの指定管理者(注)として管理運営を開始しています。

(注)公設民営方式
彩都バイオインキュベータ、彩都バイオイノベーションセンターの2施設は、地元自治体の要請で国が計画承認し中小企業基盤整備機構が整備した施設を当社が一括借上げしています。
(注)指定管理者
沖縄県が設置した沖縄ライフサイエンス研究センターでは、当社と(公財)沖縄科学技術振興センターが沖縄県から指定管理者共同企業体に指名されています。
新川崎・創造のもりに川崎市が設置した、かわさき新産業創造センターでは、当社と(公財)川崎市産業振興財団、三井物産フォーサイト蝓▲謄ノロジーシードインキュベーション蠅川崎市から指定管理者共同事業体に指名されています。


彩都バイオインキュベータ彩都バイオインキュベータの詳細はこちら
彩都バイオイノベーションセンター彩都バイオイノベーションセンターの詳細はこちら
彩都バイオインキュベータ彩都バイオヒルズセンターの詳細はこちら
沖縄ライフサイエンス研究センター沖縄ライフサイエンス研究センターの詳細はこちら
かわさき新産業創造センターかわさき新産業創造センターの詳細はこちら

彩都バイオヒルズで提供できるサポート

大阪府では、市内道修町の製薬企業の集積から、大阪北部の大阪大学、国立循環器病センター、彩都ライフサイエンスパークなどの地域を"彩都バイオヒルズ"とネーミングして、関西地区を高度なバイオテクノロジーの知的集積地として成長させる計画を進めています。中でも彩都ライフサイエンスパーク(注)は大阪大学等の知的シーズの事業化/産業化の場として中核的な役割を期待され、日々、クラスター形成が進んでいます。その中で、彩都バイオインキュベータ等はインキュベーション機能を有する施設として整備されています。

彩都バイオヒルズで提供できるサポート

(注)彩都ライフサイエンスパークは、国際文化公園都市(彩都)開発計画(※)の西部地区(22ha)に位置して、バイオ・ライフサイエンスの国際拠点として「バイオメディカルクラスター」の形成に向けた活動が活発化しており、その核として期待されています。
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所、一般財団法人日本食品分析センター、その他民間企業の進出も漸次進んでいます。
(※)大阪北摂地域(大阪府茨木市)で府、都市再生機構、阪急グループが中心となって大規模開発(約740ha)を実施。
http://www.saito.tv/

彩都におけるバイオクラスターの形成

関西地域では、産学官が一体となって、関西全域を一大バイオ産業クラスターとして形成していこうと「関西バイオ推進会議」、「バイオ情報ハイウェイ」などのプロジェクトが展開されています。特に、彩都を含む大阪北部地域は2001年に国の都市再生プロジェクト(第2次)において、医薬品の基礎研究と創薬産業の国際拠点の形成地域として採択され、翌年に「知的クラスター創成事業」に選定されてバイオメディカル研究開発の拠点としての整備が進んでいます。2003年にはバイオ関連の重点地点として「バイオメディカル・クラスター創成特区」の認定を受けた他、創薬分野の一層の促進を図るために「創業推進連絡協議会」などが設立されています。
大阪府は2007年に「彩都バイオヒルズグランドデザイン」を策定し、2008年9月にバイオ産業の振興を進めるための体制として、「大阪バイオ・ヘッドクオーター」(事務局)を設置しました。並行して、「大阪バイオ戦略推進会議」や「大阪バイオ応援団」が設置され、バイオ振興のために、産学官が一丸となって規制緩和、治験ネットワークの構築などの課題の解決に向けた取組みを展開しています。
このような動きの中で、彩都ライフサイエンスパークへの進出企業や周辺の教育・研究機関並びに関係機関(個人を含む)によって、産学官連携の推進、情報交流、人的交流の促進、研究や交通の利便性の向上、福利厚生、啓蒙活動の目的とする任意団体「彩都バイオヒルズクラブ(現 一般社団法人彩都ヒルズクラブ)」が設立(2006年7月)されています。 彩都ヒルズクラブの詳細はこちら

ページの先頭へ
Copyright (C) バイオ・サイト・キャピタル  All Rights Reserved.