HOME
彩都バイオインキュベータ
入居基準その他

入居基準者の選定方針等について

(1)入居者の区分

1. 大学発バイオベンチャー(個人事業者、創業前個人を含む)
・大学等の研究成果を基にしたバイオベンチャー企業(研究成果活用型)
・大学等の教職員や学生が起業したバイオベンチャー企業(人材移転型)
・大学等と共同研究を行うバイオベンチャー企業
・大学等との共同研究により事業化を目指す企業
・大手製薬メーカーなどとの共同・委託研究を行う大学等の研究者
2. リーディングバイオベンチャー
3. バイオベンチャー支援企業
(注)リーディングバイオベンチャーとは、バイオ分野に関する革新的技術・製品・サービスを有する独立系企業で、経営面において優良と認められ、将来にわたり高度技術の開発又は利用を目指した実現可能なビジネスプランを有する企業で、入居する他のバイオベンチャーの手本となるとともに、入居者の支援活動に積極的に参画する義務を負うシンボリックな企業です。

(2)大学発バイオベンチャーの入居者審査の観点等

a.入居者(企業)について 経営者、研究者、賃料負担力、社会性など
b.事業計画内容について ・施設の趣旨との整合性(基本構想に適合し、 かつ高度技術の開発又は利用に供する)
・計画内容の新規性、優位性
・計画内容の妥当性
・起業、製品化、事業化の実現可能性
・成果の波及性 など

(3)入居者の募集・審査等

‘居者の募集は、運営者が行います。
運営者は前述の入居の条件等に従って、審査を行います。
F居者決定後は、入居予定者及びその審査過程を運営委員会に報告します。

その他

 
1. 運営者は入居者の決定に関連すること以外にも、事業計画や事業実績、支援事業の状況(具体的な成果など)について運営委員会に報告を行う必要があります。このため、入居者は入居時の審査書類の提出に加えて、事業年度毎に運営者が実施するアンケート(業績の概況、研究開発の進捗状況など)にご協力いただく必要があります。
2. 環境保全義務として、国の諸法令及び茨木市における「茨木市生活環境保全に関する条例」などを遵守して頂きます。
3. 研究開発のレベルは、P2レベルまで(遺伝子組換え実験を含む)となります。
4. 入居されるベンチャー企業が個々に安全委員会を設置することが大変ですので、彩都バイオイノベーションセンター・彩都バイオインキュベータ・彩都バイオヒルズセンターの各施設単位で安全委員会を設置し、各企業に参加いただくことを原則としています。
5. 入居期間は、原則として5年以内としますが、入居企業の研究開発の状況や事業の進展状況等を勘案して、運営者が妥当と判断する場合には、再契約を行うことができます。
     
彩都バイオインキュベーション事業を円滑に推進するために、運営に係る基本事項は彩都バイオインキュベータ運営委員会(注)の協議によって決定されます。

(注)運営委員会
独立行政法人中小企業基盤整備機構、大阪府、茨木市、大阪大学及び運営者(弊社)によって構成され、「事業運営の基本方針」、「事業目標」、「運営体制」、「入居者支援事業」、「入居企業の選定方針」などを協議する機関です。
ページの先頭へ
Copyright (C) バイオ・サイト・キャピタル  All Rights Reserved.